読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正座をするブログ-SEIZA blog-

玩具開発職の人のブログ

「伊藤と横山」の回

おでかけ 正座してない

きち‐じょう〔‐ジヤウ〕【吉祥】
めでたい兆し。吉兆。きっしょう。

http://dictionary.goo.ne.jp/jn/52733/meaning/m0u/


どーも、blackframemanです✋🏻✋🏻✋🏻



伊藤若冲が好きです。

とゆわけで、山種美術館(渋谷区広尾)で開催されている『ゆかいな若冲・めでたい大観ーHAPPYな日本美術ー』という展覧会へ行きました。


亀好き的には、若冲の『亀図』(江戸時代,18世紀)がお気に入りです。水墨画で3匹の亀が絶妙に配置されていて目が素朴でかわいいのです。

横山大観の屏風絵の『竹』(1918)は墨の濃淡で奥行きが感じられるのはもちろんのこと、裏に金箔が貼られていて、ほのかに明るくなっているのが美しいなと思いました。

何かを透かすというのは、pixelartでも何かヒントになるかもしれない。


今回、最も気に入ったのは、小林古径の『不尽』(1926)という作品。

水色の縦長にデフォルメされた富士が静かに佇んでいます。裾野は美しく霞んでいて、老衰で死ぬときあんな感覚だったらいいなぁ。すうっと。


めでたくてゆかいな日本画を見ていると、とても楽しくなります。

愚私めも、どういうpixelartを描こうか悩んで、なかなかやらないのですが、あんま深く考えずに、こゆ楽しい愉快なものを描きたい。


来月3/6(日)まで、やっているので、どうぞめ、でたいゆかいな気持ちになってみてください。


そして、4月には東京都美術館『生誕300年記念 若冲展』があるので、絶対に行く!!



p.s.
恵比寿駅から山種美術館へ向かう道で、壁にタイルのpixelartがあった。